Simple Site

Event

Event information

2018年4月 滋賀県「社会福祉法人 びわこ学園」との交流
2018年7月6日.7日.8日 ライヴペイティング「Fluss」

※画像をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。

Events of history

2017年4月 大丸 東京店 ワインフェアにてライブイベント開催
2018年2月 滋賀県長浜市「社会福祉法人 びわこ学園」へ「MINORI PARTⅢ」を寄贈
2018年2月 滋賀県長浜市「滋賀県立長浜養護学校」へ「優峰」を寄贈
2018年3月 マイアミにて、ラ・マノフリアとコラボイベント


Profile



髙島 優(たかしま ゆう)


1983年  大阪生まれ  高校卒業後、飲食業に従事
2008年  ワインバー Sa loon ff 開業   ワインについて独学で学ぶ
2014年  Wine Shop YU 開業    旬彩BISTRO BIO 開業
2016年  イタリア国際美術賞展 入選
2017年  パリ国際サロンドローイング 入選   スペイン美術賞 入選
2018年  INCONTRO モデルに起用
2018年  日本・フランス現代美術世界展 入選


Message

母は、ワインを晩酌していた。幼い私は、そのブドウの香りをかぐのが好きだった。大人になり、サービス業を通じワインに特別な思いを感じた。独学で学び、ワインをもっともっと学んでいった。 私の人生は、ワインだと思った。そして、私は、ワインの素晴らしさを出会う人に伝えたいと心の底から思った。ワイナリーも色々と訪問した。すると本当のメッセージが私の心にしみた。 そして、オーストリアへ渡った。オーストリアでの大試飲会、私には、パラダイス、楽園でしかなかった。様々な国の文化やたくさんの出会いに感謝した。 オーストリアワインは、今、日本でも数年前から少しずつ有名になっている。なぜなら、とてもおいしくいろいろな料理に合わせられる。そして音楽の都。ウィーンは、路上にピアノ、誰でも演奏できる朝は、小鳥のさえずりが聞こえるとても素晴らしい環境で、私は最後のオーストリア滞在の日、感謝の気持ちを込めて一筆書きで仕上げた。私の絵は、一言で言ってしまうのであれば、感謝でしかない。また、違う世界を見れた事、ワインに対してオーストリアの考え方に共感してできるポイントだったからだ。すべてをパレットにしてもこの素晴らしさには、感謝でしかない。 そして、私のライブがはじまった。初ライブ、オーストリアの流れから画家ワインで描く世界を作り上げた。ワインで描くというのはワインのみテロワール、生産者の思いをインスピレーションで描き、そこから絵の具とワインを混ぜ合わせ描く。それを何枚も行った。 そして、ラ・マノ・フェリアと出会った。私たちにはそれぞれの世界があるが、アートに対して共感できたからだ。作風は真逆だがコラボレーションすることになった。また新たな地に私は行くことができたのだ。彼とこれからのコラボ、お互いの作風を大切にし移民問題アートで世界と繋がるそして世界と繋がるにはアートなのだ。

Contact


髙島優に関することは、下記よりお問い合わせください。
  e-mail:info@sgs-m.com

Produced by   SGS Co.,Ltd.
  nagahama-shi,shiga, Japan
  Tel:0749-62-6517